安全で長期的な投資とは?

   2021/06/06

長期的な投資を考える場合に金融商品よりも不動産投資を第一にあげたほうが賢明ではないかと思います。

なぜならば、短期的な観点だけで売買を行うようではトータルで見たときにマイナスに触れることの方が多く、長期的な投資を見据えた方がプラスにつながる方が確率として高いのではないかと考えるからです。そこで不動産投資がその候補にあがってきます。

特に不動産投資を行うにあたっては様々な物件がある中でも、海外の投資家が注目するような東京都内のマンションの1室、または場合によってはアパートそのものを貸し出すような不動産投資もあり得ます。

何よりも重要なのは、正直なところ投資金額が大きくなるところは致し方ないのですが、ここでしり込んでしまってスタートできないというのがまずいのです。
実際に不動産投資を行うにあたっては通常の住宅を購入することと同じく住宅ローンを組むことが可能になっています。場合によってはリスク回避をするために自分自身で住むことも可能になるでしょう。

だからこそ、不動産投資を行う際にはこのような投資方法があり、リスク回避をすることもできます。また、長期的に見たときのプラスとしては節税対策にもなりますし、老後の年金の代わりとして家賃収入を得ることも可能になってくるのです。

では不動産投資を行う際にどのようなポイントを見極めれば良いのか上げていきたいと思います。なんといっても長期的に見たときに物件として値下がりするような場所ではまずいと思います。また投資用の物件があれば間違いなくデベロッパーが見極めているだけに安心感は高まるでしょう。

もちろん、法律的なことも非常に複雑な不動産の投資になってきますが、この辺はプロに任せておけば非常に安心だと思います。むしろ自分だけでインターネット経由で投資を行おうとした際にはトラブルがあった際にリスク回避できないので極力避けた方が良いのではないかと思います。

あくまでもプロの手を借りながら投資を行う方が不動産は安心です。特に長期的な案件が大前提ですからどのようにしてリスクを回避していくのか借り手を見つけていくのかなどしっかりとしたプランをプロからアドバイスしてもらわなければなかなかうまくいかないと思います。

可能な限り、リスクを回避し、投資案件として長期的にメリットを得られるような不動産投資を行うためにはプロの手が必要だと言うことを忘れてはならないと思います。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket